検索
  • Yuko Yamazumi

かぼすのまぁまぁレード、美しく仕上がりました

更新日:2021年3月14日

くまのパディントンが大好きなことでも知られているマーマレード。

オレンジなどの柑橘類で作られるのがほとんどですが、我が家では昔からカボスを使っています。


何を隠そう、移住先の大分県はカボスの名産地。甘いミカンになるには海風が欠かせないそうですが、山間の里には海風は届きません。その代わりにたっぷりお酢がとれるカボスが実ります。


市場に出回るカボスはグリーンの物ばかりですが、カボスも果物なのでそのままにしておくと黄色く色づきます。山の斜面のカボス畑に黄色い実がたわわに実り、初冬にかけてとても美しい光景が広がります。


カボスの収穫は重労働なので、超高齢化・過疎化の進む山里では、放置されたままのカボス畑が増えています。木になったまま黄色く熟れてしまうカボスを活かしたい!と思いカボスのまぁまぁレードに仕上げました。


マーマレードでなく、「まぁまぁ」としているのは言葉遊びが大好きだった父の命名です。素人の作なので、まぁまぁかもしれないけれど・・・というマーマレードですが、カボスのさっぱりとした感じが生きた和風のマーマレードに仕上がりました。


パディントンのようにたっぷりまぁまぁレードのトーストを皆さんも召し上がってみませんか?






閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示